Sanctuary Space

落ち着いた静けさのテーマを進化させ、消費者がこれまで以上に落ち着きと慰めを求めているため、デザイナーはセットに対してさらに控えめなアプローチを取りました。洗練されたミニマリストセットは視覚的なノイズを排除し、コレクションを紹介するための空白のキャンバスとして機能しました


フェンディのショーのためのセットは、座席に柔らかく流れるようなフォルムを使用して、安全感を生み出しました。床から天井までの薄手のドレープが空間をさらに柔らかくし、窓からこぼれたまだらの光と影と調和して機能しました


シャネルは、グランパレでショーを行いましたが、アプローチは最小限でした。セットは、白で統一されながらバックには有名なハリウッドの特大レタリングのようなセットが配置されていました。


エンポリオアルマーニは、コレクションを紹介する短編映画をリリースしました。「BuildingDialogues」というタイトルのこの映画は、アルマーニのミラネーゼ本部を空白のキャンバスとして使用し、音楽、ダンス、演技を融合させて芸術のサポートを示すモデルやパフォーマンスアーティストの多様なキャストにスポットライトを当てています。


ランウェイからトレードショー、シーズンカラー、アイテムトレンド予測など専門的なファッションマーケティングを毎週1回配信するサービスを行っています。ご興味のある方はHPのお問い合わせからお願いします。

https://www.dil.jp/contact