1/1

デザインラボ ブログ

ビジネスに役立つブランディング・マーケティング・クリエイティブ制作に関する情報を配信しています

24年 春夏ウィメンズトレンドカラー予測

経済や政治の混乱、気候変動の深刻化など、先行きの見えない不安は続きますが、 その中で生活者は、バランスの取れた穏やかなライフスタイルを求める傾向が強まり、健康や自然素材に注目が向けられます。また、ヴァーチャルとフィジカルの境界線はより曖昧になり、バーチャルを意識したカラフルな色彩や色の変化などが多く見受けられるようになると予測しています。



スイートなシアー

ほのかに色づいた透け感に目を向け、素材や仕上げを通して夏らしい甘さをもたらし、エネルギッシュなスタイルを一新。 ベルリンのYouyang SongによるPeelsphere素材は柔軟性に優れ、ぼんやりと透けた表面を特徴とする。果物の皮と海藻を原料とした防水素材であり、硬くしてアクセサリーのパーツなどに使うこともできます。




色のある光

極端に薄いパステルトーンが登場。平らな形状、メタリック素材、透明感のあるデザインを特徴とする製品の鮮明な輝きを強調する。東京の Bijin Davisによる白いシェルフは、シェルフの裏側に蛍光塗料が塗られており、重ねると光っているように見えるのが特徴です。ハンガリーのBori GyorokはLEDライト を使って服にパステルの輝きをもたらします。



バーチャル風メタリック

メタバースにインスパイアされた未来的な液状メタルがインパクトをもたらします。Christopher Prinzによる家具は色が変化して見える。スチールにシワを施し、くしゃくしゃした質感のある丈夫なフォルムを作り上げています。UV-Zhuによるコンセプチュアルなシューズは、ハイパーインフレーと変異する生き物にインスパイアされています。



ルミナス

メタバースにインスパイアされ、色を変えながら輝きを放つ重なり合う色のトレンドがアップデート。。Fendiによる暗闇で光るバッグ。teamLabによる庭園作品「呼応する小宇宙の苔庭 - 固形化された光の色」は、日中と日没後で様子が変わる卵形体が敷き詰められ、触ると色が変化し、伝播していきます。



マーブル状の鉱石

グリーンオニキス、ピンクマーブルの筋模様インスパイヤー。Amaristによる彫刻的なライトAqua Fossilはアラバスターを使用し、明かりを点けると透明の液体のように見えます。Jungna Nana Parkによる繊細なニットは透明感のある鉱石のような見た目を特徴とします。


酸化した風合い

酸化したような錆びた風合いをアップデートし経年変化を伝えるデザイン。産業廃棄物の再利用に目を向け、ゼロウェイストのアプローチを通して美的感性の光るスタイルを生み出す。Lab La BiaによるPulp Fictionプロジェクトは、産業副産物を使用します。木製椅子のProspective Seatsは、工場から出る塵と採鉱廃棄物の赤みがかった輝きを放ちます。


誇張されたオーガニック

自然と共に創作したり、自然の中に創作したりすることにより、時にはイレギュラーで超自然的なフォルムが生まれます。 Hello Chelsartは、オーストラリア産の実をキャンバスとして使ってクリエイティブなペイントを施す。丸く膨らんだクレイのフォルムに釉薬や色付きの質感を加えることで、自然界に見られる複雑な質感を真似ることができます。



シェル

複雑なデコレーション、真珠貝のような板、ゼロウェイトの複合材など、様々な形でシェルが再登場する。やさしいノスタルジアを醸し出す貝殻は装飾品にぴったり。Delphine NardinによるImprintコレクションは拾った貝殻と洗練されたメタルを組み合わせている。 魚介類の廃棄物を原料に用いた環境負荷の少ない複合材を製品やシート素材に使用。


出典:WGSN