top of page

パレートの法則

パレートの法則とは、大規模なシステムで生じる効果の大半は、ごく一部の変数によって引き起こされるという経験則。


経済学者のヴィルフレード・パレートは、80対20の法則をイタリアにおける人口の20%が富の80%を所有していることを例に挙げ、この法則を証明しました。


80対20の法則は別名パレートの法則とも言われ、様々にある資源のなかから重要な20%を突き止めることで、そこに焦点を絞り込むことが出来ます。


具体的には、スマートフォンに入っているアプリにおける利用実績の80%を担うのは、全機能の20%程度ということや製品における欠陥の80%を引き起こすのは、その構成パーツの20%程度ということなど、当てはまる場合が多いです。


この法則を利用すると、現在の製品やサービスにおいても、最適化を施すべき領域を見極めることで、効率的に改善を促すことができます。


UXデザインの事例はこちらよりご覧いただけます。



パレートの法則

Commentaires


bottom of page