top of page

輪郭線バイアス

輪郭バイアスとは、鋭角な部分や細く尖った部分のある対象物は脳内の恐怖を司る領域を活性化させ、曲線を描く対象物のほうが好まれる傾向を指します。


人類が危険な植物や動物の存在を反射的に見抜くために、輪郭線バイアスは脅威検出の一部として発達してきたと考えられます。


特殊な条件下ではない限り、人々は尖って角ばった対象物より丸みを帯びた曲線的な対象物を好みますが、注目を集め関心を引き付けておきたい場面では、鋭角な部分や細く尖った部分の方が効果的に作用することもあります。


従って、対象物の形状の鋭利さは、脳内で活性化される恐怖感の強さと比例し、好ましさと反比例すると言えます。


輪郭線バイアス


Comments


bottom of page