1/1

デザインラボ ブログ

ビジネスに役立つブランディング・マーケティング・クリエイティブ制作に関する情報を配信しています

企業/ブランド「ロゴ」についての考察(2022)

日々何気なく目にしているブランドや企業の「ロゴ」ですが、視覚的には親しみやすいものから高級感を表すものまで様々です。デザインの制作過程や隠された意味を紐解くとブランドのストーリーやコンセプトまでも垣間見ることができます。


世界中の多くの人から愛されている10のブランドのロゴについて解説をしています。


Amazon

アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾス氏は、デザイナーのターナー・ダックワース氏を起用して、ロゴデザインの制作に取りかかりました。何度も改良を重ね、今では誰もが知るアマゾンのこのロゴマークを 2000 年に完成させました。このロゴは、ブランド名を表す文字を使用した「ワードマーク」とオレンジ色の矢印でデザインされた「スマイル」という、シンプルでありながら特徴的なデザイン要素を備えています。


ロゴデザインにまつわる秘話:

このスマイルには 2 つの意味が込められています。見ての通りこの矢印は英語のアルファベット A からZを示しており、A 地点から Z 地点までどこへでも配達が可能ということをアピールしています。もうひとつは、お客さまがアマゾンの荷物を玄関先で受け取った時の笑顔を連想させているのです。



Nike

ブランドオーナーであるフィル・ナイト氏は、ロゴの作成に向けて「躍動感とスピード感のあるシンプルなロゴデザイン」という目標を掲げていました。また、ロゴをデザインする上で重要なことは、競合他社との差別化を図ること。ナイキの場合は、当時最大の競合相手であったアディダスとの差別化が必要でした。

デザイナーであるキャロライン・デビッドソン氏は「スウッシュ」の歴史を作ったのです。スウッシュは、勝利を象徴するギリシャ神話の女神ニケの翼をモチーフにしています。


ロゴデザインにまつわる秘話:

ナイキのブランディングチームがスウッシュを選んだとき、ナイト氏は「好きではないが、時間が経てばだんだん好きになるだろう」としぶしぶ決断したと言われています。



MacDonald

マクドナルドが誕生して以来、ロゴは何度か改訂され、最近では 2003 年にデザイン事務所 Heye & Partner によって新しくされました。現在のロゴは、シンプルな黄色で、「I'm lovin' it 」というスローガンが添えられています。


ロゴデザインにまつわる秘話:

マクドナルドの第 1 号店は、1937 年にカリフォルニア州サンバナディーノでリチャード・マクドナルド氏とモーリス・マクドナルド氏がオープンしました。

初のフランチャイズ店のオープンに伴い、新しい建物にはサインメーカーのジョージ・デクスター氏による半円のデザインが施されました。このデザインは「M」の文字を象るため再構成され、1961 年にマクドナルド社を買収したレイ・クロック氏が、この M 型アーチのロゴを新しい企業ロゴに採用しました。



Gucci

グッチオ・グッチ氏は、1921 年に高級感を意識したファッションブランドを立ち上げましたが、ロゴのデザインを決定したのは 1933 年でした。グッチのロゴは、「G」を 2 つ組み合わせたレタリングを特徴とし、その後他のデザインもブランドのレパートリーとして迎え入れています。


ロゴデザインにまつわる秘話:

レターマークのロゴは、グッチの息子アルド氏が父のイニシャルを表すために作ったものです。さらに贅沢さを強調するこのロゴは、ブレスレットのリンクを象徴しているとも言われています。



Coca Cola

飲料メーカーコカ・コーラは、1886 年の創業当初からオリジナルデザインを維持しています。ロゴマークは気品にあふれ、当時の古典的な手書き書体である「サペンサリアン体」を使用しています。


ロゴデザインにまつわる秘話:

この有名なロゴは、創業者の経理担当者であるフランク・メイソン・ロビンソン氏がデザインしたもので、「2 つの C が広告で映えるに違いない」という策案がロゴデザインに反映されています。



Google

世界で最も有名な企業の 1 つである Google のロゴは非常にシンプルです。デザイナーのルース・ケダー氏は、当初「Baskerville Bold」という フォントを使ってこのワードマークを作成しましたが、その後、自社で作成したサンセリフ書体を使用してよりフラットなデザインにリフォームしました。

また、イノベーションと IT が息づく Google は、特別な祝日や記念日などにあわせて検索エンジンの Google ロゴを変更します。この定期的に変わるオリジナルロゴは、Google Doodle(グーグル・ドゥードゥル)の愛称で知られています。


ロゴデザインにまつわる秘話:

ロゴのカラーパレットには主要色がある中、 「 L 」だけにグリーンを使っています。創業者のラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏が「自分たちの会社はルールに縛られるのではなく、ルールを破ることを好む」というメッセージを表現したいと考えて選んだものです。



Instagram

当時は、写真家をメインターゲット層とし、ブラウンがかったカメラがトレードマークのロゴでした。しかし、インスタグラムの利用者が急増し、ユーザーはもはやフォトグラファーだけでなく、ミレニアル世代やジェネレーションZと呼ばれる若者達にまで広がり、幅広い層となりました。これに伴い、2016 年にロゴのイメージチェンジを行っています。


ロゴデザインにまつわる秘話:

オリジナルのロゴは、インスタグラムの CEO であるケビン・シストロム氏が自らデザインしたものです。



Lego

1932 年の創業以来、何度もロゴが変更され、今日私たちが見慣れているレゴ社のロゴは 1973 年に導入されました。この頃、レゴ社は本国デンマークからアメリカに製品を輸出するようになり、リブランディングのために赤や黄色の鮮やかな色使いと、すっきりとしたタイポグラフィといった現代的なロゴの特徴をデザインに取り入れました。このようなデザインスタイルの変更により、幅広い年齢層の人たちに受け入れられるようになったのです。


ロゴデザインにまつわる秘話:

レゴの名前は、デンマーク語で「よく遊ぶ」を意味する「leg godt」の略語に由来しています。