1/1

デザインラボ ブログ

ビジネスに役立つブランディング・マーケティング・クリエイティブ制作に関する情報を配信しています

23年春夏 ウィメンズトレンドカラー



2023年のウィメンズカラー傾向をまとめています。定着しつつあるシーズンレスなカラーに加え、ブライトカラーやミッドトーンパステルが特徴的な2023年のカラーパレットです。


2023SSウィメンズカラー
・ライラック
・トランキルブルー
・ミディアムグリーン
・ネオングリーン
・ソフトオレンジ
・オーキッドピンク
・ラシャスレッド
・テラコッタ
・ダークブラウン
・アイボリー


ライラック

2022年AWでも注目されているライラックは、新鮮でエッジを効かせるようなアーリーアダプターの域を超え、コンサバティブ市場に広がっていく人気が見られます。ワンランク上のミニマリズム表現に最適です。


トランキルブルー

このクールトーンのブルーは、自然を感じさせ、日常での変化に疲れを感じる生活者に静けさや穏やかさを印象づけます。トラキルブルーの特徴であるミッドトーンは他のカラーとも調和がしやすく、「コテージコア」や「ワーケージョン」といった注目のシーンでも注目が集まりそうです。


ミディアムグリーン

2023年の気分を高めるような明るいトレンドにマッチしたミッドトーンのグリーンは、2023年夏の注目カラーです。ユーズエッセンスを感じさせるこのカラーは、Z世代に向けて過去シーズンのパステルに代わり、癒やしや回復を促す重要なカラーです。


ネオングリーン

NFT(Non-Fungible Token)などの普及によりバーチャルファッションが台頭し、高発色でブライトなネオングリーンの注目度が上昇。

ワントーンや組み合わせてコントラストを効かせるなど。バーチャル世界からインスピレーションを受けたインパクト大のカラーです。


ソフトオレンジ

過去数シーズンにわたり人気が上昇しているオレンジは、2023年SSではソフトなトーンになり、パパイヤスムージーを彷彿させるトレンドカラーとして注目。

穏やかなイメージがあるこの色調は、ウェルネスや疲労回復といったアスレジャー系にも取り入れやすいカラーです。


オーキッドピンク

インパクト大なオーキッドピンクは、22AWからシーズンレスなブライトカラーとしてドーパミンを誘発するようなカラーとして引き続き人気が続きそうです。

ランウェイとリテールの両方でも注目される勢いのあるカラーです。


ラシャスレッド

このパワフルで刺激的な要素を備えるレッドは、活気に満ちたカラーを求める生活者の声に応えるかたちでキーカラーとして人気を保っています。

レッドのワントーンは、インパクトのあるスタイルを演出し、多くの生活者の注目を集めます。


テラコッタ

ミッドトーンが注目を集める中で、ブラウン系ではテラコッタが再び注目を集めそうです。

デジタル感が際立つブライトカラーパレットは非現実的な魅力があり、気分が高まるカラーとして人気を集めている一方で、自然にインスパイアされたオーガニックな色合いが強く求められているパラドクス的な欲求がより具現化しそうです。


ダークブラウン

2023年SSの洗練されたダークブラウンは、ラグジュアリー市場を筆頭に様々な市場で幅広い人気が予測されます。トリュフのような深みのあるブラウンは、エイジレスやシーンレスなニュートラルカラーとして活躍します。


アイボリー

素材の白を活かした無漂白のアイボリーは、引き続きオールラウンドなトレンドとして活躍。 今シーズンの豊富ブライトカラーの打ち出しに、タイムレスなオールラウンドなアイボリーがバランスを取り、クリーンな美とコンサバティブなカラーとして、刺激的なカラーに疲れた生活者を惹き付けます。無漂白のアイボリーは、サステナブルなカラーとして今後も活躍が期待されます。

参照:WGSN