GEN Z特徴


今、世界ではミレニアルズ世代に代わり1990年後半から2010年頃までに生まれたジェネレーションZ世代が約20億人(日本では約1800万人)の人口勢力として注目されています。


最も世代の近いミレニアルズとも違った特徴を持つことでも知られており、社会の中に異なる種の文化、信条、意見の存在に対する許容値が高く、短時間で多くの情報をより速く処理できるように進化し、大きな認知的課題を処理するのに長けているといされています。


以下ではジェネレーションZ世代の8つの特徴にを紹介します。


巨大な人口勢力

現在、ジェネレーションZの人口は世界で20億人に達し、新興国および既存経済圏の双方で記録的な伸びを示しています。アメリカ人の4人に1人以上がこのジェネレーションZ((25.9%)に属し、インドは2億8600万人と中国は2億1500万人、ブラジルは4100万人といった世界最大の数を抱えています。


多元主義

生まれたときからテクノロジーに精通しているジェネレーションZは、人種、性別、宗教、社会経済的地位、民族性が益々不明瞭化し、様々なアイデンティが混ざり合った新しい時代において最も許容性があります。伝統的なアイデンティティが急速に崩壊する中で、多くのジェネレーションZは多元主義者であり、社会の中に異なる種の文化、信条、意見が存在、共存していることは良いことと信じています。


クリックティビスト

マーケティング企業Sparks & Honeyの調査によれば、世界にインパクトを与えたいと答えたミレニアム世代は39%だったのに対して、ジェネレーションZは60%に上っています。ソーシャルメディアを巧みに活用してスマートフォンをサッとスワイプして社会課題などへ人の注目を集めることから、クリックティビストと呼んでいるメディアもあるようです。


8秒フィルター

ジェネレーションZは集中力の持続時間が短いと信じられていますが、テクノロジーに囲まれて育った世代で、8秒フィルターといったより多くの情報をより速く処理できるように進化し、それによってより大きな認知的課題を処理することができるといくつかの研究は示唆しています。


視覚的消費者

この世代は感覚的な刺激を最も多く受けながら育っており、基本的にタッチ(スワイプ、ズーム、ピンチ)でコントロールする世界に生まれ、高画質、サラウンド音響、3Dが当たり前の暮らしを送ってきました。この未来のオーディエンスは偶然的な発見に大きく依存し、PinterestやTumblrなどソーシャルメディアプラットフォームのアイテムを “イイね”や“ピン”をする傾向にあります。ブランドは商品をあからさまに売りつけようとするのではなく、そのアイテムの真正性を強調した魅力的なブラウジング体験を創造する必要があるとされます。


3つのE(Educated Enterprising Entrepreneurs)

深刻な経済不況の最中に生まれたジェネレーションZの大半は経済的不安定について心配しており、教育やキャリア、起業によって自らの将来を切り開きたいと考える傾向が強くなっているようです。一方でトッププライオリティーはキャリア形成(39%)や、仕事の充足感・安定(共に19%)であり、高い給与については6%と最低になっています。


早熟化

ジェネレーションZはそれ以前の世代よりも大人になるのが早く、現代の子ども時代は12歳までと言われています。デジタルネイティブたちは、伝統的な子どものおもちゃよりもスマートフォン、タブレット、PCなどの電子機器を好み、以前よりもずっと早くに人形やおもちゃへの興味を失っています。

ネットは精神面の成熟ペースを早めたましたが、同時に思春期到達年齢も早くなり、NPD Groupの報告によれば8歳~12歳の女児はビューティーアイテムを平均4.5個所有。また、80%が10歳までにダイエットを経験していることがわかっています。


健康的な世代

NPDのFuture of Eatingリポートによれば、ジェネレーションZは他の世代よりも家で作った新鮮な

食事を好み、生鮮食品の消費は2019年までに11%増加すると予測されています。味覚にも優れ、挽きたてコーヒーの売り上げがカフェイン入り炭酸飲料に勝っています。また、オムレツやフレンチトーストなど手作りの朝食が冷たいシリアルよりも人気があります。


デザインラボでは、地域企業やスタートアップの「ブランディング」「マーケティングデザイン」「デザイン制作」「DX支援」に取り組んでいます。

https://www.dil.jp/service