1/1

デザインラボ ブログ

ビジネスに役立つブランディング・マーケティング・クリエイティブ制作に関する情報を配信しています

インフォグラフィックに役立つ階層構造



階層構造は複雑な情報を視覚化し理解するためにシンプルに整理する方法で、主に「ツリー構造」「入れ子構造」「階段構造」の3つの種類があります。


「ツリー構造」は、親要素の下または右側に子要素を配置し、全体をひとまとめの三角形に形つくるもので、組織図や全体を俯瞰するマップ制作に向いています。


「入れ子構造」は、親要素の中に子要素を入れ込むもので、情報のグループ化や物事の論理的な関係性を示すときに役立ちます。


「階段構造」では、親要素の下に子要素を箇条書きに積み重ねていくていきます。複雑に変化する複雑な関係性を明らかにするときに役立ちます。


一般的な使い方として、単純な階層上の情報や論理的な関係性を表すときは「入れ子構造」。複雑な情報を表すときには「階段構造」。どちらでもないときは「ツリー構造」が適しているとされます。