マーケティング -PEST分析-

デザインラボでは、地域企業様でマーケティング支援を行う際に、まず初めに行うのは何かという質問がよくされます。実践的なマーケティングでは観察から入ります。この観察とは自社と周囲の環境分析とも言えます。


環境分析では、全体を見渡すマクロから自社の周囲といったミクロに大きく分けられまが、今回は、全体を見渡すマクロ環境の把握をおこなうためのマーケティングフレームワークとしてPEST分析についてまとめています。


PESTとは、「Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)」の4つの頭文字を取ったものです。


P(Politics:政治的要因)

政治的要因は、法律や条例、規制緩和や税制の変化など、市場のルールそのものが変わることを指します。また、自社と関係のない市場でのルール変更は基本的には対象外となりますが、玉突き的に影響が及ぶ場合もありますので、市場が分裂したり、合体するといった発展を見据えて予測を行う必要があります。


E(Economy:経済的要因)

経済的要因は、景気の状態や成長率、物価や消費の変化など、経済に関する環境変化が対象となります。より踏み込んだ視点で観測し、その上でエビデンスとなる数字を拾っていく必要があります。


S(Society:社会的要因)

社会的要因は、企業や消費者を取り巻く社会全般を指し、流行や風俗、ライフスタイルなどが対象となります。人口バランスの変化、ライフスタイルの変化、新しい流行、社会的インフラの変化、人々の意識を変えるような社会的事件、大きなイベントなどが挙げられます。


T(Technology:技術的要因)

技術的要因は、技術の進歩や革新により新しい市場を創り出したりする技術がもたらす環境変化が対象となります。技術が変えるものは、商品開発や生産工程など一般市場からは見えないもの、新しい商品やサービスに反映されて広がっていくものなどさまざまです。


たとえば、地域企業における服飾プライベートブランドの立ち上げと拡散というテーマにおいて、PEST分析は下記のようにまとめてみました。

この他にも環境分析として、ファイブフォース分析、3C分析などがありますので、自社のテーマに沿った最適な分析の活用をおすすめします。


デザインラボは、地域企業やスタートアップの「ブランディング」「マーケティングデザイン」「デザイン制作」「DX支援」に取り組んでいるデザインファームです。

https://www.dil.jp/