top of page

Apple Vision Pro

アップルが「WWDC 2023」で、ウェアラブルコンピューターであるARヘッドセット「Apple Vision Pro」を発表してから1ヶ月が経ちますが、「Apple Vision Pro」はコントローラーを使わず、手のジェスチャーや声によって操作するといった直感的な操作を実現している空間コンピューティング技術に注目が集まっています。


米国では来年の早い時期にニューヨークやロサンゼルスなどの大都市圏で、3500ドル(約50万円)で発売する見通しと言われていますが、Vision Proを購入する際には、複数のストラップ、異なるサイズのライトシール、オプションの度付きレンズなど、個人に合わせた対応が必要になるため来店予約が必要となるようです。


また、2024年の早い時期に米国のオンライン販売も開始される予定で、2024年末以降に英国とカナダで発売、その後日本を含めたアジアや他の欧州諸国に投入が計画されているそうです。


ヘッドセットはゴーグルの構造にも近く、以前に米国のゴーグルブランドのアジアブランディングのサポートを行った際に、米国人のモデルを日本人にフィットさせるにはいくつかの手直しが必要だったため、「Apple Vision Pro」のアジア販売についてもユーザーに合わせた製品の調整が進められているのではないでしょうか。


Apple Vision Pro

Comments


bottom of page