1/1

デザインラボ ブログ

ビジネスに役立つブランディング・マーケティング・クリエイティブ制作に関する情報を配信しています

新製品開発に必須「プロトタイピング」

プロトタイピングはアイディアを探求し、問題を深く理解するために、低忠実度のモデルを高速で作る手法として知られています。


プロトタイピングで間違いやすいのは、開発ではなくリサーチの工程であり、理解を深めるために行います。


様々な問題の解決策を見つけるために、改良を加えながら、一連のプロトタイプを作る手法ような反復型プロトタイピングはデザイン思考の基本となっています。


プロトタイプ制作では簡単に入手できる素材やソフトウェアを使って略式に作り、時短をはかるものであるため、そのまま製品化にすることは適していません。


また、プロトタイプの忠実度は理解すべき問題の広がりに合わせて高めることも重要です。