top of page

チャンキングの効果

チャンキングとは、情報をいくつかのユニットに分類できるうえでグループ化することで、より簡単に処理し、記憶できるようにする手法です。


チャンキングされた単語や一連の数字などは情報として記憶しやすいです。


たとえば、10個のランダムな数字を30秒以上覚えることは難しいですが、同じ数字を3つのユニットに分ければ、記憶しやすいなどがあたります。


一般的に効果的に記憶して思い出すことが出来る情報の数は4±1と言われています。


人に情報を思い出してもらいたい場合は、チャンキングすると有効です。特にストレスの大きな環境下では、知能の働きが低下するため、チャンキングの活用が重要となります。


デザインラボニュース画像

Comments


bottom of page