1/1

デザインラボ ブログ

ビジネスに役立つブランディング・マーケティング・クリエイティブ制作に関する情報を配信しています

Z世代メタバースファッショントレンド傾向


2024年までに8千億ドルの市場規模になると予想されて いるメタバース)はすでにファッションにも大きな影響を与え、ますます多くのブランドがデジタルユニバースのためのデザインを製作が行われています。


アバターやゲームの世界にインスピレーショ ンを見出したシェイプ、カラー、グラフィックがと現実世界のユースカルチャーやストリートファッションをアップデ ートしていく傾向も出てきました。これにより、ハイパーブライトや極端なボリュームを駆使して現実 でもバーチャルの世界でも際立つスタイルを生み出すし、ブランド側としてもメタバースのためのデザインを製作したり、現実世界で同じアイテムが購入できるようになっており、この潮流はジェネレーションZ世代のトレンドを考える上で重要になっています。


【オーバーサイズシェイプと極端なボリュー ム】

オーバーサイズアイテムがさらに大き くなり、大胆なキルティングがボリュ ーミーな印象を高め、ビデオゲームのスタイルを意識します。


【セカンドスキントップス】

オーバーサイズなシルエットが主流となる中、体のラインをはっきり表すシルエットのタイトトップスも一方では注目されています。


【デジタルフィルタープリント】

バーチャルな雰囲気をより鮮明にするカラフルで抽象的なフォルムのグラフィックプリント表現。


【ハイパーブライトアクセント】

ハイコントラストな色使いが、デジタルと現実世界の両方でインパクトを生み出します。exブラックxバイオライムやハイパーピンク。


ジェネレーションZ世代に牽引にされるユース市場ではデジタル分野とのパートナーシップ

は、話題を生み、注目を高めるために重要な要素となります。3Dデザインスタ ジオからビデオゲームブランドをはじめとして、今後はビジネスに意外なアプローチを持ち込むクリエイティブなコラボレーションが大切になってきています。