top of page
1/1

デザインラボ ブログ

D to Cの特徴について

私たちの生活では、様々なブランド製品に囲まれています。ブランディングについては以前のブログで紹介していますが、ここでは「差別化」と「コミュニケーション」の重要性をお伝えしながら、近年注目されているD2Cブランドの特徴について取り上げたいと思います。

 

【過剰在庫が出にくいビジネスモデル】

DtoCブランドは、ファン作りであり、ファンとのコミュニケーショがSNSなどでon timeに出来ることも特徴の一つです。例えば、新製品開発前のヒヤリングや量産前の受注傾向により、マーケットインの精度の高いマーケティングが特徴です。これは従来のマス市場には向きませんが、過剰在庫が出にくくそれに伴いディスカウントや廃棄も少なくなるため、時代に適したサスティナブルなビジネスモデルということができると思います。


【オンライン販売によるスリム化実現】

国内ではD2Cブランドはまだまだ少ないですが、米国ではすでに10億ドル規模の企業価値を持つD2Cブランドとして、アパレルの「Everlane」「Untuckit」、メガネ専業「Warby Parker」、シューズ専業「All birds」、化粧品を扱う「Hims」「Hers」など注目されていますが、