top of page

KJ法

KJ法とは、UI/UXデザインの調査・分析フェーズでのユーザー体験のモデル化、体験価値の探索に活用します。


KJ法では、まずエスノグラフィやインタビューなどのリサーチで得られた多種多様な情報をキーワードにして、付箋やカードに書き出します。


このキーワードから関連する付箋やカードを関連性に沿ってまとめていき、最終的に効率よく系統的に分類します。


KJ法の利点は、チームにおける個々の力関係が働くことが少なく、意思決定が民主的に行われ、情報に優先順位をつけることに役立ちます。


チームにおけるリサーチだけではなく、アイディアをまとめる際にも有効な手法です。


KJ法

Comments


bottom of page