top of page
1/1

デザインラボ ブログ

青の効果

青い色を目にすることで引き起こされる、認知および行動に対する一連お効果についてまとめています。


青は、世界的に最も人気の高い色であり、一般的に水や清らかさを連想させます。


例外として、食品分野においては傷みを連想させることがあります。


青は国際連合のテーマカラーでも使用されているように友好的で平和な様子を象徴し、開放性や創造性を感じさせ、意欲的な創造性を促進するカラーでもあります。


また、青は日中の人間の活動においては、俊敏性や身体や精神のウェルビーイングを促進しますが、夜間では睡眠の質を下げることもあります。


このことからも一般的に、製品およびパッケージで青は、意欲的なメッセージの伝達としては最適なことがわかります。