2022年A/Wカラー予測(ファッション、ビューティー、インテリア)

【2022年A/Wカラー予測におけるポイント】

現在市場に影響を及ぼしている不確実性は、今後も影響を与えると予想されます。

生活者の「保護」「快適」「健康」「幸福」といったコアバリューに焦点を当てることがカラーを予測する上でも重要になると考えます。


1、修復力のある中間調

セルフケアーが求められ、落ち着きと落ち着きを感じる色は引き続き重要となります。

「ジェイド」に象徴されるカラーは、修復と心身の健康を象徴します。


2、清潔と衛生

「コッパー」や「アークティックブルー」のカラーイメージに代表される清潔さと保護のメッセージが重要となります。


3、ノスタルジックな心地よさ

「ダークオーク」のノスタルジックなカラーは、快適さと安心をイメージさせます。

引き続き、トレンドをして注目されるカラーとなります。


4、気分を高揚させる

希望に満ちた「アルチザナルレッド」は、ポジティブで日常のちょっとした贅沢を求める生活者に訴求します。

【ジェイド】 「ジェイド」はS / S 22の夏のパステルとしても予測されていますが、A / W22 では、暗い色合いに移行します。セルフケアと心と体のバランスに関連し、心身の健康がより多くの人々にとって最優先事項になるにつれて、翡翠のような彩度の低い色は落ち着きを感じさせます。 このように「ジェイド」は快適さと回復感をもたらすため、カジュアルウェアーやヨガアパレルのキーとなります。

【コッパー】

2022年春夏カラートレンドにおいて、ジンジャービスケットといった暖かみのある色調が挙げられますが、これらのアース系オレンジトーンが継続し、コッパーに進化します。外で過ごす時間が増

え、大地のようなナチュラルな暖色系が魅力を発揮します。


また、コッパーはどんな肌色にも合い、インクルーシブな魅力があります。ビューティー製品においては、ラグジュリアスなラスティカラーのメタリックとして、高級感を演出したり、ウェルビーイングのテーマに用いられます。以前と比べ家での時間が増える中、アパレルとインテリアのトレンドが互いに共鳴し、コッパーカラーのヴィンテージ感と保護性が注目されます。

【アークティックブルー】

このカラーは希望や科学への信頼性をイメージさせます。健康とウェルネスが重要視されるため、清潔感がありデトックス効果があるようなブルートーンに注目が集まります。アークティックブルーはノスタルジアの魅力も併せ持ち、ミッドセンチュリーデザインを彷彿とさせます。旬なペールブルーがこのグリーンがかった色味へと変化して、これからのシーズンに活躍すると考えています。


アークティックブルーはシーズンレスなブルーとして、カジュアルウェアからアクティブウェアー、アクセサリーまで用いられます。インテリアでは清潔感や快適感を演出。衛生面や清潔さと関連付けられるため、バス用品やボディケア用品に取り入れやすいです。

【ダークオーク】

ブラウンはここ数シーズン人気を継続しています。ダークオークは安定性や信頼性をイメージさせます。2022年になっても精神的に不安定な状況が続くのであれば、このようなカラーが共感を呼ぶだと考えています。ノスタルジア漂う色味は、セピアカラーの画像フィルターやレトロなスポーツウェアを彷彿させます。


ダークオークは、レトロなスポーツウェアやカレッジスタイルに用いられます。ビューティーに関しては、シルバーやコッパーと共に、アイメイク、チーク、リップに取り入れられます。アンティーク家具の人気が高まり、暗めの色味のウッドのカラーとしてインテリアでも人気があります。

【アルチザナルレッド】

クラシックでタイムレスな魅力が強いオーセンティックなレッドは暖かみのある明るい雰囲気を演出し、クラフトや職人技のテーマに共鳴します。祝賀ムードや心のこもったギフトのイメージもあります。


アルチザナルレッドは、パーティールックや抜け感のある華やかな装いで使われ、ラグジュアリーを表現します。ギフトアイテムでは、クラフト感やハンドメイドの魅力を伝えます。


デザインラボ株式会社では、ファッション・インテリア・ビューティーのフォキャスティングを行っています。

https://www.dil.jp/contact