2022年A/Wカラー予測(ファッション、ビューティー、インテリア)

【2022年A/Wカラー予測(ファッション、美容、ライフスタイル、インテリア)におけるポイント】

現在市場に影響を及ぼしている不確実性の気候は、今後2年間持続的に影響を与えると予想されます。消費者は、保護、快適さ、健康、幸福などのコアバリューに焦点を当て、カラーを予測していきます。


1、清潔と衛生に焦点を当てる

色を活用して、清潔さと保護のメッセージをダイヤルアップします。銅やアークティックブルーなどの色を選択し、健康と福祉に焦点を当てた製品に適用します。


2、修復力のある中間調を受け入れる

消費者がセルフケアに焦点を合わせているので、落ち着きと落ち着きを感じる色は引き続き重要です。「ジェイド」に象徴されるカラーは、修復と心身の健康に調和します。


3、ノスタルジックで心地よさにシフトする

さらに、消費者は快適さと安心を切望しているので、「ダークオーク」や「カッパー」などのノスタルジックなニュートラルを求めます。これらに「ブラウン」を受け入れて、現代の文脈にシフトします。


4、気分を高揚させる魅力を注入する

前向きで希望に満ちたままでいる方法として、「アーティザナルレッド」などの色は、小さな贅沢と日常の贅沢を求める人々にアピールします。



【ジェイド】

「ジェイド」はS / S 22の夏のパステルとして予測されていますが、A / W22 では、暗い色合いに移行します。両方のトーンは、セルフケアと心と体のバランスに関連しています。心身の健康がより多くの人々にとって最優先事項になるにつれて、翡翠のような彩度の低い色は、落ち着きと落ち着きを感じるため、より魅力的になります。修復的実践は将来さらに人気が高まり、中間調のバランスを取り戻すことが期待されます。


ファッション製品の場合、「ジェイド」は快適さと回復感をもたらすため、カジュアルウェアやヨガアパレルの鍵となります。柔らかな質感のジャージと起毛コットンで触覚を演出します。フェイシャルワンドなどのジュエリーや美容ツールにとって重要です。家の中では、小さな装飾品や大型家具にマットまたはグロスの「ジェイド」を使用し、、触覚体験を向上させます。


続きの資料については、デザインラボ株式会社ホームページ問合せからご連絡いただいた方に無料でご提供しています。

https://www.dil.jp/contact




Copyright© designlab co.,ltd
〒150-0002  東京都渋谷区渋谷1-23-21 co-labo渋谷キャスト
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • ホワイトTumblrのアイコン
☎︎ 050-3177-5263 
ブログ”Felicity” では複数のSNSにて、コンテンツの配信案内をしております。
ファッションビジネスに役立つ情報をどうぞご活用ください。
 
​デザインラボ株式会社
​営業時間:10時〜19時(土日祝休)