top of page
1/1

デザインラボ ブログ

認知を科学する「反応形成」

反応形成とは、心理学者のB.F.スキナーにより研究された、段階的な条件づけを行って、徐々に目標とする行動に近づける方法です。


逐次的接近法や漸次的接近法と同義語となります。


反応形成では、まず複雑な行動を分解して単純な行動の連なりとします。その上で、単純な行動を一つづつ訓練して習得し、複雑な行動を完成させます。


訓練の際は、観察される行動が目標とする行動に徐々に近づく過程に合わせて、正の刺激(報酬など)を出していきます。