top of page

許容するデザイン

許容するデザインとは、エラー防止に配慮し、万一エラーが起こった場合にも、できるだけユーザーに被害を与えないための工夫を指します。


具体的には、物や環境が人に行為を知覚させてるアフォーダンスを通じてエラーを防止をしたり、ユーザーの操作が危険な事態を招く前に、警告を発し確認を要求する。エラーが発生した場合、元の状態に戻れる仕組みを持つ。エラーや破局故障が発生してもユーザーに危害が及ばないようセーフティーネットを提供するなどが挙げられます。


最も望ましいのはエラーの防止、次が起こり得るエラーに対する警告、エラー発生時に元に復元できる仕組み、最後に、他の方法が失敗に終わった時のセーフティーネットとなります。


人間が操作や実行する以上、失敗は想定内として、許容するデザインが重要となります。

許容するデザイン

Comments


bottom of page