top of page

参加型デザイン

「参加型デザイン」とは、デザイナーが生活者に対してプロジェクトの参加を促し、生活者がデザイン過程に関与する形態です。


近年、民間企業のプロジェクトにとどまらず、公共団体や行政機関のデザイン事業にも活用が増えてきています。


デザイン事業における生活者の参加は、不確実性の高い未来を生活者の視点からCommon goodに基づき、一定の選択できる幅のある未来においてより良い選択を一緒に考えることが重要な視点です。


これには様々な地域の生活者、様々な業種の専門家が同じテーマや目標について、デザイン思考の観点からプロジェクトを進めることにより、イノベーションに繋がります。


参加型デザイン


Comments


bottom of page