注目のオープンリソースのサスティナブル生地Bananatex®



Bananatex®は、バショウ属のバナナに外見が良く似たアバカだけで作られた生分解可能、堆肥化可能、追跡可能で完全循環型のC2C認証を取得済みのサスティナブルな生地です。Première Vision 2023春夏においても注目を集めていました。


2008年以来、倫理的でサステナブルな素材及びサプライチェーンにフォーカスしつつ、革新的な製品を作り続けているスイスのバッグブランドQWSTIONでは、フィリピンから調達したこの100%天然の生物分解可能な繊維を織り、蜜ろうで仕上げることで撥水性を持たせています。


製品では、廃棄物が出ないパターンにより設計されており、QWSTIONではこのBananatex®ファブリックをオープンソースとしているので、誰でも使うことができます。


アバカは苗を植え付けてから3年で収穫が可能になり、その後3~8ヵ月ごとに収穫されます。

一度植えたら何度でも収穫できる、持続可能な資源としてフィリピン、エクアドルが主産地ですが、ボルネオやスマトラにも広く分布しています。


このようなサスティナブルな生地をオープンリソースにすることで、QWSTIONのブランディングとともに循環型社会の実現にも貢献することになり、今後多くのブランドが追随することで透明性の高い市場にもつながるように思います。


Bananatex®

https://www.bananatex.info/