1/1

デザインラボ ブログ

ビジネスに役立つブランディング・マーケティング・クリエイティブ制作に関する情報を配信しています

未来についてのマーケティング的考察3


未来についてのマーケティング最終回では「産業」「クリエイティビティー」についてフォーカスしています。未来についてのマーケティング的考察1から通してお読みいただくとより理解いただきやすい内容となっています。


未来についてのマーケティング1

https://www.dil.jp/post/%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AE%E5%89%B5%E9%80%A0

未来についてのマーケティング2

https://www.dil.jp/post/%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%9A%84%E8%80%83%E5%AF%9F2-2


【産業】No to ‘Normal’

社会規範が拡大および拡大するにつれて、性別やセクシュアリティ、年齢、能力、ライフスタイル、美容の基準まで、人々がますます幅広い生き方を受け入れるようになるにつれて、製品はそれに追随し、パーソナライズの新しい波が出現します。

パリ2024委員会は、世界の普遍的な視覚言語でスポーツの多様性をより公正に表現するために、一連のパラリンピックスポーツ絵文字を提案しました。


フランスのSigaの食品表示は、栄養価を超えて、加工レベルに応じて食品を評価し、消費者に購入に関するより詳細な情報を提供します。


【産業】減算は付加価値

還元的な考え方が設計の革新と生産方法の持続可能な進化をもたらします。少ないということが、はるかに多くのことを意味するようになります。

英国のファッションデザイナーポールスミスは、ミニと協力して、塗装されていない金属と、ダークコルクを含む天然およびリサイクルの内装材を使用したミニストリップコンセプトカーを作成しました。


ソウルにあるヒュンダイの新モールは、ショッピング体験に付加価値を与えるためにサウンドフォレストを含むガーデンスペースに11,240平方メートルを割り当てた大胆な試みです。


【クリエイティビティー】知の集合

人間、機械、自然の知性など、さまざまな形の知性と知識を相互接続することにより、イノベーターは過去のブレークスルーに基づいて構築し、新しい創造的な可能性を開くことができます。


科学雑誌Natureの150年を祝うために作成されたこのインタラクティブマップは、各論文を球体として描写し、論文間のリンクが相互の研究を引用して結び付けています。


スイスを拠点とするデザイナーのマクスウェルアシュフォードは、ロボットが分解するときに簡単に「読み取る」ことができるようにRUEI-01シューズを設計し、より効果的な再利用とリサイクルを可能にしました。


【クリエイティビティー】エナジー

パンデミック後、蓄積されたエネルギーにより、2020年代は遊びのエネルギーを持つ人々がスーパーアトラクターであり、カリスマ性で他の人々を引き込みます。創造的な刺激とエネルギーはより重要性を増していきます。


イタリアのボッテガヴェネタが、グランドハイアットソウルにフェイクファーのインスタレーション「ザメイズ」を設置し、訪問者を遊びを通じながらブランドの世界へと誘います。


英国ブランドのBe3のボディシェイプマニアローションは、肌にキャンディーをはじけるようなものです。ブランドのブームテクノロジーは、適用されるとパチパチという音を立て、チクチクする感覚を生み出します。


シンセティックメディア、未来に目を向けたプロトピア、意図を持った生活、ノーマルにNOと言う時代など、生活者の消費行動やつながり方、デザインのあり方を変える6のイノベーション分野いかがだったでしょうか。今後もブログでビジネスに役立つ情報を配信して参りますので、無料ニュースレターがまだの方はこの機会にご登録お願いします。


参照:WGSN