最新サステナビリティ

企業そしてブランドと地球のためのより良い意思決定のため、グローバルな持続可能性と消費者の優先順位に関するレポートです。最新の生体材料、気候に強い設計、製品のリサイクルに関するイノベーションを紹介しています。


バイオベースへの代替え


米国のコカ・コーラ社は、初めてとなる100%植物ベースのペットボトルを発売しました。Changchun Meihe Science and Technologyおよびフィンランドの林業生物経済企業UPMと提携することで、ブランドが石油ベースのプラスチックへの依存を減らすことに貢献しています。

ブラジルでは、ビールブランドのCervejaria Coloradoが、板紙と比較してCO2排出量を50%削減し電力を25%削減すると言われているトウモロコシの廃棄物で作られた堆肥化可能でリサイクル可能なバイオプラスチック缶を使用しています。

Stella McCartney、lululemon、adidas、およびKeringグループが2020年に米国のイノベーターであるBoltThreadsのバイオ由来の皮革製造事業に投資するなどファッション業態でもバイオベースへの代替えは加速しています。


極端な気候に耐える開発


カリフォルニアの住宅建設協同組合Geoship'sLivingryは、3D印刷されたバイオセラミックのゼロカーボン住宅を開発しました。これは、耐火性、耐洪水性、耐震性、耐震性があり、2〜6日で設置できます。

気候危機は、何百万人もの人々の食糧不安を増大させましたが、干ばつに強い作物は飢餓を食い止めることができます。エチオピアのバナナ植物は、潜在的に何百万もの人々を養う可能性があります。植物の茎はパルプ化され、発酵され、カルシウム、鉄、亜鉛を多く含む栄養価の高いお粥とパンになり、サハラ以南のアフリカで栄養素の不足を緩和します。

GeoshipのLivingryバイオセラミックドームは、事前注文が可能でサイズに応じて30,000ドルから100,000ドルの費用で、迅速かつ効率的に構築できます。


リサイクル設計


米国スタートアップのパレードは、顧客が捨てた下着を埋め立て地から救い、あらゆるブランドから無料でリサイクルしています。

Colgateは、10億本のチューブを埋め立て地から遠ざける一環として、リサイクル用の歯磨き粉チューブを再設計しました。Dermalogicaは、フェイシャルクレンザー用の完全にリサイクル可能な単一材料パッケージングを発売しました。Aptarと協力して、パック全体をリサイクル可能にする単一材料のポリエチレンポンプを開発し、2025年の時点ですべてのボトルを再利用、リサイクル、または堆肥化するように設計するという目標に近づけました。

PFFグループの完全にリサイクル可能な包装材料IMPAC-Tには、標準のPETよりも少ないプラスチックが含まれています。再処理のために簡単に分離できます


環境の影響を減らす取り組み

オランダのFairphoneの持続可能なスマートフォンは、初の「電子廃棄物ニュートラル」ハンドセットとなります。

カーボンニュートラル食品会社であるNudeは、カーボンニュートラルラインの開発と生産を増やすために、VoxCapitalとLeverVCが主導する500万ドルのシリーズAラウンドを終了しました。

アジアでは、アリババが2035年までに1.5ギガトンのCO2排出量を削減することを目標に、最初のカーボンニュートラルアクションレポートを共有しました。

GOL LinhasAéreasSA航空会社は、ブラジルで最初の2つのカーボンニュートラル航空ルートを所有しています。GOLは、2050年までにCO2排出量をゼロにすることを約束しました。

Fairphone 4は、リサイクルされたスズ、希土類の鉱物とプラスチック、フェアトレード認定の金、責任を持って調達されたアルミニウムとタングステンなど、倫理的で持続可能な素材で作られています。


企業やブランドは、行動を起こして持続可能性への取り組みを実証し、実現するためのプレッシャーにさらされています。

ビジネスの持続可能性評価会社であるEcoVadisによる年次ネットワーク影響レポートは、持続可能性の活動と成果の前向きなスケールアップを示しています。

NewClimateInstituteがCarbonMarketWatchと共同で行ったCorporateClimate Responsibility Monitorは、25の主要なグローバル企業の気候戦略を評価し、企業の気候リーダーシップのベンチマークを行い、「整合性」を指標として使用しました。

レポートでは、25社すべてが排出量を平均40%削減する軌道に乗っていることを明らかにしましたが、カーボンゼロおよびカーボンニュートラルの目標からはほど遠いものでした。


「ユニバーサルデザイン」に関する記事一覧


「サスティナブル」に関する記事一覧