1/1

デザインラボ ブログ

ビジネスに役立つブランディング・マーケティング・クリエイティブ制作に関する情報を配信しています

最新サスティナブルレポート【AUG】

毎月、グローバルな視点から持続可能性に関する業界横断的な洞察で、地域や企業様に最新のレポートを配信しております。今月は、食品廃棄物への対処、注目すべきハイパーローカル戦略、地球中心のデザインについて取り上げています。


食品ロス

食品廃棄物はSNSで話題になり、消費者の関心を示しており「食品廃棄物」と「堆肥」への関心は、2018年以降上昇し続けています。WWF とテスコの 2021年の調査によると、世界では年間約 25億トンの食料が廃棄されており、これは世界中で生産された食料の約40% を占めています。

いくつかの先進的な企業は、食品廃棄物の再利用にチャレンジをしています。シンガポールを拠点とする医療技術の新興企業であるN&E Innovationsは、毎年 1,200 万トンのドリアンの殻が廃棄されていることから、廃棄されたドリアンの皮からウェットティッシュを作成しました。

https://www.cosmeticsdesign-asia.com/Article/2022/05/23/N-E-Innovations-targets-China-Middle-East-with-durian-husk-wet-wipes 英国の小売業者Marks & Spencerは、食品ロスに取り組み、顧客に食用食品廃棄物を減らすよう促すために、店舗全体で300を超える果物と野菜の賞味期限を削除しました。

https://corporate.marksandspencer.com/media/press-releases/6220d70a7880b2454cf64ab6/m-and-s-removes-best-before-dates-across-fruit-and-veg-in-bid-to-tackle-food-waste コスメテックスでは、韓国のブランドKraveBeautyがブドウ園の廃棄物をアップサイクルしたオイルクレンザーに使用しています。

https://kravebeauty.com/collections/all


ハイパーローカル

パンデミック、気候変動の緊急事態、世界的な地政学的緊張により、グローバルからハイパーローカルへの移行が加速し、生産モデルと消費モデルが形成されています。ハイパーローカリズムでは、コミュニティとの共有を重点を置いて、リソースとサービスがローカルで利用、生産、消費されます。

美容分野では、南アフリカのSaint d'Iciは植物抽出物、エッセンシャル オイルを使用するフレグランス ブティックです。小規模農家と協力して、伝統的な手法でフレグランスを製造しています。

https://www.saintdici.com/?v=edb5dc74af1c チュニジアの新興企業Kumulusは、結露のプロセスから、空気中の湿度を1日あたり最大30リットルの水に変換する装置を設計しました。

https://www.kumuluswater.com/


地球中心のデザイン

世界中で起きている気候の緊急事態は、人間中心から地球中心へとでデザインの分野でも加速しています。地球中心のデザインは、人間のニーズだけでなく、生態学的なニーズも考慮に入れることを意味します。

米国の教育研究機関Institute for Global Prosperityとロンドンとパリを拠点とするデジタルスタジオDVTKは「リレーショナル エコノミー」を促進するコラボレーションを行っています。これは、人間以外の他の生物の視点を取るようにユーザーを促します。

https://www.youtube.com/watch?v=4GWr5olwBVA&ab_channel=UCLInstituteforGlobalProsperity

ロンドンを拠点とするアート集団のMarshmallow Laser Feastによる目に見えない森の聖域は、世界とのつながりを生み出すことを目指しています。没入型のインスタレーションは、訪問者をアマゾンの熱帯雨林にあるセイバペンタンドラの木の内部に連れて行き、その生命システムが人間のシステムにどのように似ているか、そしてそれらがどのように相互接続されているかを示します。

https://www.marshmallowlaserfeast.com/


参照:WGSN

最新サスティナブルレポート
最新サスティナブルレポート