最新ウェブデザイントレンド

現在、世界には18億2000万のウェブサイトがあり、日本語で登録されているウェブサイトは9800万あると言われています。


世界最初のウェブサイト「The World Wide Web Project」(1991年8月6日誕生)から始まり、約30年間でウェブの世界は破竹の勢いで発達し、今や多くの情報で溢れかえっています。


そのような中、自社のサイトへ訪れ、継続的な訪問を促し、コンテンツを閲覧してもらうためには、UI(ユーザーインターフェイス)を考慮したレスポンシブデザインや注目を集めるトレンドデザイン等の「デザイン」への洞察が求められています。


以下では、今年度注目されるウェブ最新デザインを紹介します。



【非対称レイアウト】


ウェブサイトのレイアウトは、秩序と安定感のあるシンメトリーがスタンダードですが、空白を効果的に見せる左右対称のレイアウトを取り入れることで、よりダイナミックで大胆な印象を醸し出し、デザインの自由度も高まることで、他のサイトとの差別化に繋がります。

【ミニマリズム・マキシマリズムデザイン】

ミニマルな Web デザインはシンプルさを重視して余分なデザイン要素をそぎ落としたデザインです。シンプルであることは、相手に強い印象を与えることができます。

一方、キシマリズムデザインは、快適さや安定性にこだわらない野性味を残した斬新なデザインといったクリエイティブ表現に重きを置いた、自由奔放なアプローチが特徴です。

マキシマリズムデザインを上手に取り入れるポイントは、フォントのバリエーションや大きめのタイポグラフィ、視覚要素の重ね合わせ、レイヤー、浮遊感のあるフローティング要素などのディテールなどが挙げられますが、来訪者に威圧感を与えない調和が大切です。