1/1

デザインラボ ブログ

ビジネスに役立つブランディング・マーケティング・クリエイティブ制作に関する情報を配信しています

ブランディングを考える上での大切な施策


ブランディングでは、どの様にターゲットとなる顧客からイメージされているかというということが重要となります。このため、ブランディングにおいては、積極的にイメージに関する管理戦略が必要となります。


下記では、ブランデイング構築の8つの施策を紹介します。

  1. ブランドアイデンティティ構築

  2. オンラインプレゼンス確立

  3. カスタマーエクスペリエンス向上

  4. 良い企業文化形成

  5. ブランドスタイルガイド作成

  6. 広報プロセス理解

1,ブランドアイデンティティ構築


強力でまとまりのあるブランドアイデンティティを開発することで、会社が何を表しているのかを明確に理解し、特定の状況で行動する方法をガイドするのに役立ちます。


たとえば、革新的な水筒、タンブラーを展開するCorksicleは、ターゲットを理解し、大胆な色と創造的なパッケージの強力な視覚的アイデンティティを発信しています。Corksicleの明確に定義されたブランドアイデンティティは、ロゴやパッケージからWebサイトのコピーやソーシャル投稿に至るまで、あらゆる面で表現されています。


ブランドアイデンティティには下記コンテンツを含める必要があります。


・ロゴ、色などのブランディングの要素を備えたビジュアル

・一貫したブランドコンセプトによるメッセージ

・明確に定義された企業のパーパス、ビジョン、およびバリュー


2,オンラインプレゼンス確立


現在では、まずはじめにビジネスの正確なイメージを形成できる手段として、ビジネスのウェブサイトが挙げられます。


このオンラインで、ブランドを認識させたい場合は、訪問者の「体験」が非常に重要となります。たとえば、スペルミスや文法上の間違いがないことを再確認したり、視覚的に見つけやすくする場合は、高解像度の画像の代わりに効果的なコピーを配することなどがあります。


3,カスタマーエクスペリエンス向上


Microsoftの調査によると、ブランドの体験価値が不足していると感じたとき、顧客の58%はブランドとの関係を断ち切るとされています。ReviewTrackersの調査では、消費者の35%は平均評価が4以上のブランドとの取引のみを検討し、満点の5つ評価企業の場合は10%が上がります。


4,良い企業文化形成

企業が健全で前向きな内部環境を促進すると、外部環境も良い影響がでることがわかっています。この理由の1つは、トリクルダウン効果です。従業員が自分の仕事に満足し充実していると感じるとき、自分の仕事に誇りを持ち、その結果、より良い仕事として現れます。

もう1つの理由は、従業員はブランドの貢献者としてだけではなく、パートナーおよびインフルエンサーとして、ソーシャルメディアなどを通じて、ブランドの評判を創る立場でもあります


これらは、ブランドに大きな影響を与える可能性があります。


5,ブランドスタイルガイド作成


ブランドが成長しても、常に同じアイデンティティとメッセージを保つことが大切です。ブランドのスタイルガイドを作ることで、デザインの選択、コミュニケーション戦略、カスタマーサービスの品質などに関してチームおよびすべてのチャネルで一貫性を保つことができます。


6,広報プロセス理解


ブランドのポジティブなイメージを積極的に世の中に出すことによって、メディアを通じて浸透することができます。またブランドの成長過程において、優秀な人材を集める際にも役立ちます。

・社内広報により従業員のブランドイメージを形成する

・外部メディア配信プラットフォームを通じてプレスリリースを作成

・リーダーによる講演やセミナーでの発信で、業界のエンゲージメントを高める