ブランディングの意味

複数のブランディングとマーケティングに関するプロジェクトを通して蓄積した知識、経験を踏まえて、それぞれの違いや重要性について基本的なポイントまとめてみました。







[マーケティングとブランディングの違い]


マーケティングとは、情報を配信する側が直接伝えるメッセージとして「どのように売るか?」という「How」の部分です。キャンペーンを打ち出したり、宣伝をし、見せ方を工夫すること、つまりセールスの結果を得るためにメッセージを出すことです。ブランディングとは、生活者に情報を配信する側がイメージを持ってもらうための、製品・サービスの本質的な価値の表現「What」です。つまり、マーケティングが「押す」行為だととしたら、ブランディングは「ひきつける」行為と言えます。

ブランディングはマーケティングを行う以前にも以後にも継続して伝え続けることが大切となります。


[ユーザーは共感を呼ぶ]


たとえマーケティングを先行させてもブランディングができていないと、売り上げが上がりにくく、また、売り上げがあがったとしても、ブランドが魅力的でないと顧客は次第に離れてしまいます。ブランディングに共感しファンになることで、リピートにつながります。


[ブランドはファン作り]


ブランドは「購入してください」と直接的な明示をしません。「特性、価値、属性」を発信しつづけ、中長期的におこなわれるブランディングとは、「ファン作り」であり、短期的な戦術であるマーケティングを考える以上に、ブランディングを大切に考えていくことが最終的に商品の最高のパフォーマンスを引き出します。

Copyright© designlab co.,ltd
​デザインラボ株式会社 〒150-0002  東京都渋谷区渋谷1-23-21 co-labo渋谷キャスト
  • グレーFacebookのアイコン
  • Instagram