top of page

バック オブ ザ ドレッサー

バック オブ ザ ドレッサーとは、一つのデザインを構成するあらゆる部分は、同一の品質基準を満たすべきだというアップルの共同創業者スティーブ・ジョブスが提言した原則です。


この原則によれば、普段は顧客の目に触れない部分(たとえば裏側など)を見れば、作り手がどの程度のクラフトマンシップを発揮しているかがわかるということが言えます。


クラフトマンシップの度合いを測る指標は、材料品質、適合精度、仕上げの均一性、内部整合性、生産者の商標や署名などです。これらの要素には作り手の意欲や配慮または欠如が反映されています。


デザイナーは、製品を隅々まで配慮して設計し開発しなければなりません。たとえ見えない部分も人目に晒されるときと同様に、テストし評価することが重要です。

バック オブ ザ ドレッサー



Comments


bottom of page