top of page
1/1

デザインラボ ブログ

サスティナビリティ最前線

2021年に入り、国内でも消費者は環境問題に対処している製品をますます求めるようになっています。しかし、その一方で、グリーンウォッシュなど混乱が生じていることも確かです。効果的なソリューション向けた企業やブランド同士が連携し、消費者に正確な情報を発信続けることが、さらに重要になると考えています。


今回は、効果的なソリューション向けた企業やブランドが取り組むサスティナビリティー最前線をご紹介します。


【ラベリングを一新】


従来的なラベリングを見直すことで、透明性や信頼に対する消費者の期待の変化についていための、製造全ての段階でのカーボンに関する記述を明確にしていきます。 2021年6月、H&Mは一部商品にHigg Index Sustainability Profilesを採用し、環境や社会的なインパクトを共有すると発表しました。 英国ではNestlé、Marks & Spencer、Costa Coffee、非営利団体のFoundation Earthなどの企業と政府が官民一体となり、飲食品のエコロジカルフットプリントを格付けする新たな制度を整備し、2021年秋から導入されます。