アメリカの良心 巨星墜つ



 7月8日、米国「ブルックス ブラザーズ」が米連邦破産法第11条の適用を申請しました。

 

 「ブルックス ブラザーズ」の歴史は、米国での衣服の歴史です。1818年にブルックス家によってニューヨークで創業した世界最古の紳士服販売店からはじまり、2018年に創業200年を迎え、JUNYA WATANABEやSUPREMEといったブランドとのコラボレーションにより次世代に向けたアメリカンクラッシックの発信にも力を入れていたところでした。


 顧客としては、歴代大統領のエイブラハム・リンカーン、ジョン・F・ケネディ、最近ではバラク・オバマから愛用され、リンカーンが暗殺されたときに着ていたのも、ブルックス・ブラザーズで誂えたコートだったなど、多くのストーリが語り継がれてきました。


 「ブルックスブラザーズ」がアメリカの良心という理由はいくつかありますが、間違いなくその一つとして挙げられるのは、上質な原料と今なおこだわる米国国内生産です。B.Dシャツは、アメリカ産のSupimaコットンを使用し、ノースカロライナ工場で縫製。ニューヨークのロングアイランドシティのネクタイ工場では200年にわたる創業以来の歴史があり、ブレザーはサウスウィックで伝統的な仕立てが守られ、技術者の手によって自然な肩のシルエットが表現されます。(Golden Fleeceライン)


 買い手候補としては、米ブランド管理会社や米不動産投資信託会社が有力視されているらしですが、米国内の3つの工場はすでに閉鎖する方向で手続きが進められているようです。







Copyright© designlab co.,ltd
​デザインラボ株式会社 〒150-0002  東京都渋谷区渋谷1-23-21 co-labo渋谷キャスト
  • グレーFacebookのアイコン
  • Instagram