アフターコロナマーケットトレンド予測 3


【バーチャルにフォーカス】

 

新型コロナ感染防止施策により大規模イベントや製品発売、海外渡航が中止となっているが、VR/AR のバーチャル技術を活用して金銭的損失を避ける動きが拡大しています。さらに国内でも5Gによる通信技術の向上が2020〜2021年にかけて整うことでも後押しとなります。  


例としては、企業のテレワークや外出自粛によりzoom やskype のビデオミィーティングやチャットの需要が高まっていますが、映画配信会社、放送局、ゲーム会社などが中心になり「バーチャル背景」等のAR を活用したコラボレーションなど注目が集まっています。

*写真はスタートレックスが配信しているバーチャル背景