アフターコロナマーケットトレンド予測 1

【E コマース拡大 ライフスタイルと関連商品提案がポイント



 アフターコロナでは中期的に客単価が下がると予測されます。オンラインへの急速な移行でマスマーケットでは上代の値崩れと同時に3〜4点購入していた顧客が、1〜2点に買い控え起こると考えています。


この客単価の低下を防ぐためには、一緒に購入してもらえる「関連商品」の精度が分かれ目になります。

 

例えば衣料品の例になりますが、「お客様が入社式でスーツを買いたい」と思った時に紳士服のEC サイトでは「スーツ」だけを見せるのではなく、その後の購入にスムーズに繋げられるようシャツ・鞄・靴・靴下の他にも財布や名刺入れ、文具などを関連商品としてみせること、さらに新入社員必需品動画などのプロモーションをセットにすることで、効果的に一客単価を上げることができます。

 

これは、販売活動を通じて顧客の生活をより良く変化させることがゴールであり、これこそが今後のE コマースが作らなければいけない価値だと考えます。

Copyright© designlab co.,ltd
​デザインラボ株式会社 〒150-0002  東京都渋谷区渋谷1-23-21 co-labo渋谷キャスト
  • Instagram